読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「創造的な人工知能」開発日誌

創造性を持った人工知能と、そのビジネス応用など。未来の人工知能についても考察。

モノの人工知能 AIoT とBMIであらゆる境界が溶け始める

私の研究プロジェクトのひとつは、IoTと呼ばれる分野で、あらゆるモノがインタネットにつながることで実現される技術をそこでは研究しています。しかし、AIoT、Artificial Intelligence of Things つまりモノの人工知能という発想はまだ聞きません。

(と、思ったらシャープがAIoTを掲げてました。電子レンジが喋るそうです・・・)

 

私は以前から居住空間のスマート化に関心があって近い将来に研究を始めたいと考えているのですが、これもAIoTのひとつだと思います。建築が人工知能になるということです。

 

さらに、BMI(ブレインマシンインターフェース:脳による機械の操作)で脳と人工知能がシームレスにつながったと考えてください。そうなると、身の回りのモノ、椅子でもカーテンでも掃除機でもなんでも良いですが、まるで自分の手足のように動かせるようになります。

AIoTであらゆるモノが知能化し、それらと自分がBMIで一体化する。そんな世界に生まれた子どもたちは、もはや自分とそれ以外の区別をあまり気にせず、世界が自分であり、自分が世界であるというなんだか禅問答のような感覚を自然と持つかもしれません。実に楽しみです。