「創造的な人工知能」開発日誌

創造性を持った人工知能と、そのビジネス応用など。未来の人工知能についても考察。

オリンピックのロゴと人工知能: AIの作るデザインが古典をモチーフとしたものばかりになってしまう

東京オリンピックのロゴが、市松模様をモチーフとしたデザインに決まりました。個人的な好みですが、今回のロゴはすっきりとしていて好きです。

 

それにしても、市松模様が残った理由が「デザインの素晴らしさ」ではなく、「デザインの無難さ」を基準に選ばれたのではと邪推してしまいます。市松模様は伝統的なデザインで誰も著作権を持っていません。ですから、その意味で安全なデザインといえると思います。

仕事柄、お役所と仕事をすることが多く、彼らの思考回路はある程度は理解しているつもりですので、邪推ではなく本当に「無難なデザイン」だから選ばれたかもしれません。

少なくとも、リスクのないデザインであることは必要条件だったと思います。実際、類似したデザインが無いかの確認にかなりの時間を費やしたそうですね。

 

では、人工知能の作るデザインはどうなるでしょうか。人工知能による創造性研究の大家である英国のBodenは、創造性はゼロから生み出されるものではないと断じています。あくまで組み合わせやちょっとしたヒネリなどで新しいものは生み出されるということです。

ですから、過去作品との類似にきわめて厳しい目にさらされる、または、過去作品を知り尽くしていてそれらとの類似を避けようとする場合は、著作権にひっかからない無難な過去作品を組み合わせたりヒネったりすることになります。人工知能は少なくとも過去の作品を知り尽くしたうえで創作するでしょうから、このような事態になる可能性は十分にありえると思います。

 

以下は愚痴ですが、それにしても、オリンピックで経済効果がXX億円って言われますけれど、そのXX億円はどこにいくのですかね・・・。ここまで建設業や広告代理店の方々が仕事を頑張っておられるわけですが、彼らに支払われるお金と、わずか1ヶ月たらずの訪日客が落とすお金と、あと何があるのでしたっけ。調べれば試算は出てるんでしょうけど、これまでの失態を見ていると、その試算はとても信じられません。(数百万円の研究資金のやり繰りで苦しんでいる多数の優秀な研究者たちに少しはお恵みをお願いしたいです・・・オリンピックの所管は文科省ですし・・・)